ABOUT US

イタリア・リエティ生まれの私たちは、ロンドンで培った12年間のキャリアにいったんピリオドを打ち、自分たちの人生において「本当の幸せとは何か」を探求する旅に出ることを決意しました。

2016〜17年に、ヨーロッパ、東南アジア、ニュージーランド、日本各地を巡る10ヵ月間の旅をしました。旅行中には多くの人々と出会い、新しく興味深い文化、新しいライフスタイル、そして今まで経験したことのない様々な食材や料理に触れました。それは、私たちの人生にとって最高の時間でした。

日本を旅している途中、金沢で、のちにビジネスパートナーとなり、CASAを開くことを決意させてくれた人との運命的な出会いがありました。世界各地を旅した結果、日本の文化は私たちの好奇心を最も強く刺激しましたが、その日本の中でも「金沢」で自分たちのレストランを開きたいと思うようになりました。

私たちは、この金沢という土地を選んだのは偶然ではなく、運命だと信じています。いつも自分たちの心に正直に生きてきた結果、今まさに夢の中を生きている気持ちでいっぱいです。

MATTEO ALBERTI マテオ・アルベルティ

職人の手仕事をとても大事に考えるイタリア人の両親との間に生まれたマテオは、母親が用意してくれる地方の食事を通し、食文化の大切さを学び、幼い頃にすでに食べ物の重要性を理解していました。

学生時代、Accademia delle Belle Artiでグラフィックデザインを学んだ後、25歳の時にイタリアを離れ、ロンドンに移り住んだことで、人生が大きく変わりました。ロンドンでは当初グラフィックデザイナー兼フォトグラファーとして懸命に働いていましたが、自分が本当にしたいことは、料理に携わる仕事だったんだと気付きました。

料理業界へ進むと決意した彼は、Harrod'sのCaviar House&Prunierや、Rosetteを受賞したレストランなど、様々な場所で激しい修行の年月を過ごしました。
彼の食に対する熱い気持ちは、最終的にロンドンのカナリーワーフにあるJPモルガンの専門シェフチームに参加することに繋がり、 このチームでの経験は、彼の今までの数々の経験と創造性を組み合わせるための、料理の表現技術を洗練させてくれる場所となりました。

4年間、彼はJPモルガン最高経営責任者のプライベートファインダイニングレストランで料理を任せられ、最新技術を使用した調理方法や現代料理への新しいアプローチについてなど、プロフェッショナリズムについて多くを学びました。
こうしたプロフェッショナルな経験を積みながら、彼は自分自身の料理スタイルを深く追求し、穏やかでシンプルながら繊細な料理という自分のスタイルを確立することに成功しました。

SILVIA NUCCI シルビア・ヌッチ

イタリアの小さく美しい街で生まれ育ったシルビアは、飾らずいつも自然でとても親しみやすい人に育ちました。旅行が大好きな彼女の学生時代は、夏は地元のレストランで働き、次の旅行の資金を貯めて過ごしていました。

ペルージャの外国人大学のインターナショナルコミュニケーションを卒業した彼女は、家族が運営するイタリアのB&Bホテルで就職しようと考えていましたが、 十分な刺激を感じることができず、2006年にロンドンに移り住み、新しい可能性を模索しました。

ロンドンの街は、彼女のすべての夢が実現できる場所に思えるほど魅力的でした。
彼女はヒースロー空港の旅客サービス代理店で働き始め、仕事を楽しみながらも世界中を旅し、ホスピタリティとカスタマーサービスの基礎を学んでいきました。

2010年には、KUONI TravelとJTBが買収したヨーロッパの主要旅行会社の1つであるGTAに入社しました。 2014年までに様々な役割を担い、入社して8年の月日が流れ、彼女はセールストラベルマネージャーを担うまでに成長しました。
彼女は、常に仕事に対して情熱を持ち続け、ホスピタリティとツーリズムマーケティングのディプロマを取得し、GTAがロンドンのホスピタリティ業界で最も重要な企業となることをサポートしました。